お知らせ 〜見て、視て。聞いて、聴いて。〜|入舟幼稚園・入舟保育園

入舟認定こども園 入舟幼稚園・入舟保育園
見て、視て。聞いて、聴いて。

「親子遠足」

紙ヒコーキが、どこの国で、いつ作られたか。

 正確には、分かっていません。  「親子遠足1.」

 

1859年、英国の、ある『遊びの本』によると。

 紙を折って、的を狙って投げる。

  そんな遊びが、始まりではと。 「親子遠足2.」

 

まじめに、紙ヒコーキ作りに、専念した人。

1909年ノースロップ社の、ジャック・ノースロップさん。とか。

                「親子遠足3.」

 

ノースロップさんは、現実のヒコーキのアイデアを

 得るために、様々、紙ヒコーキを作り、テストした。とか。

                  「親子遠足4.」

 

今でこそ、良く飛ぶ、紙ヒコーキですが。

当初、その設計は、困難を極め。

 なにしろ、尾翼も、無く。重心も定かでなく。

                「親子遠足5.」

 

良く飛ばすには、十分な翼の面積と、ゆがみの無い翼が大切で。

そして、良く飛ばすには、『ウキウキ浮き浮き』した、

      笑顔が、なにより、たいせつ。 「親子遠足6.」

 

そして、長く安定した飛行を、するためには。

 お食事の、『燃料補給』は、必須。  「親子遠足7.」

 

「大根とんぼ」

お大根は、地中海地方が原産とも。中央アジアとも。

野菜というよりは、薬草として栽培されていたとか。

 学名は、ラファヌスとか。神殿に奉納されていたそうな。

 本日は、そのタネまき。  「大根とんぼ1.」

 

日本では、1250年前に栽培されたとか。
お大根は、胃痛、胃酸過多、便秘に効能ありとも。

消化にも、すぐれ。

身近で、歴史ある食材。 「大根トンボ2.」

 

さて、お部屋では、『とんぼ』を、工作中。 「大根トンボ3.」

 

日本では、『とんぼ』は、『とんぼ』。

           「大根トンボ4.」

 

英語名では、羽の大きさが同じは、ダムセル・フライ。

 後ろ羽が、大きい『とんぼ』は、ドラゴン・フライ。

                 「大根トンボ5.」

 

日本名では、『アカネ』が、『とんぼ』の正式名称とか。

                 「大根トンボ6.」

 

では、『とんぼ』の由来は ?

 これが、たくさん説があり。  「大根トンボ7.」

 

唐の国の『東方』にある『秋津島(アキツしま)の国(日本のこと)』

 の形が、「とんぼ」が東を向いている様に見えることから.......

                      『東方』が、なまって、『とんぼ』とか。

                    「大根トンボ8.」

 

または、トビウオから、『とんぼ』とか。

もっとも古い文献で、『アキツ』(これ、とんぼの意)。

次、古い文献では、『カゲロウ』(これ、とんぼの意)。

その後の文献に、『トンボウ』。  「大根トンボ9.」

 

トンボの標準和名は、『アカネ』(アキツから?)。

     はて、さて。     「大根トンボ10.」

 

それにしても、ふたりして、作ったトンボについて、

どんなストーリーを、話していたのか。

小さな声で、聴き取れなかった。

 さらに、謎めく、トンボの世界。「大根トンボ11.」

「祖父母参観日」

競技が始まれば。 競技に夢中。

 忘れてならぬ、大切な『人生』の、お心構え。

               「祖父母参観日1.」

 

それにしても、おじい様の、おひざの上。

  良いもんですなぁー。  「祖父母参観日2.」

 

おばあ様の、おそばに、いそしむ、このひと時。

  これがまた、良いもんですなぁ。 「祖父母参観日3.」

 

『ここは、こうして。ああして。』

  静かに、しずしずと。事は、運ぶ。「祖父母参観日4.」

 

なんとなく、手先を、見て。  けれども。

 さりげなく、大胆な。もう、でけた。という、感じ。

   『これ.....』 『そう、それで良い。』

                「祖父母参観日5.」

 

 

やったぁ。できたぁ。 「祖父母参観日6.」

 

また来て下さいネ。祖父母の皆様。

  お待ちしてます。  「祖父母参観日7.」

月別アーカイブ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

その他