お知らせ 〜見て、視て。聞いて、聴いて。〜|入舟幼稚園・入舟保育園

入舟認定こども園 入舟幼稚園・入舟保育園
見て、視て。聞いて、聴いて。

「卒業」

御卒業の日を迎えました。  「卒業1.」

 

心も身体も成長しました。 「卒業2.」

 

人生最初の卒業式に。  「卒業3.」

 

お心に、よみがえるのは。 「卒業4.」

 

楽しかった、あの時。 「卒業5.」

 

この時。  「卒業6.」

 

思い浮かぶのは。  「卒業7.」

 

あのシーン。  「卒業8.」

 

このシーン。  「卒業9.」

 

そう。  「卒業10.」

 

思いっきり、走った。  「卒業11.」

 

思いっきり、引っ張った。 「卒業12.」

 

そうだ。  「卒業13.」

 

絵を、描(か)いた。  [卒業14.]

 

先生が、そばに、いた。 [卒業15.]

 

いろいろな、お天気.........。  [卒業16.]

 

どんな、お天気も、すてきで。  [卒業17.]

 

どんな、お天気も、忘れられない。 [卒業18.]

 

青空が、見えた。  「卒業19.」

 

あったかな、日だった。 「卒業20.」

 

 

気持ちの良い、まどろみ、だった。  「卒業21.」

 

『キャハァー !    くすぐったいよォー 。』 「卒業22.」

 

     花。    「卒業23.」

 

いろんな花を、見た。  「卒業24.」

 

花を、つけてみた。  「卒業25.」

 

ためしてみた。   「卒業26.」

 

  大きな。    「卒業27.」

 

 大きな、シャベル。重くなんかない。 「卒業28.」

 

とれるものも、大きい。  「卒業29.」

 

  小さな..........。   「卒業30.」

 

小さな、手。だけど。 やさしさは、大きい。 「卒業31.」

 

  卒業の日。  「卒業32.」

 

  なんでも、ためして、欲しい。

   力強く、歩んで、欲しい。  「卒業33.」

 

 

 

 

 

 

 

「地震体験車。」

誰でも体験したくない大地震。 「地震体験車1.」

 

いつどこで起きるのか、まったく分からず。

いつどこで起きても、おかしくない地震。

                「地震体験車2.」

 

だからこそ、先ず、大地震を体験することから。

                「地震体験車3.」

 

地震に備えようとする『心』が、

   育まれると。      「地震体験車4.」

 

実際、大地震の時、最初にすべきことは ?

                  「地震体験車5.」

 

頑丈なテーブルなどの下に身を隠す。

              「地震体験車6.」

 

激しい揺れ。立つ歩くは出来ない。

               「地震体験車7.」

 

柱などに、しっかり、捕まる。  「地震体験車8.」

 

だけど、その柱も頼りには、ならない。

  激しく揺れる。       「地震体験車9.」

 

だからこそ、地震体験は、必要に。  「地震体験車10.」

 

そこから、『大地震に備えよう』という心が、

           芽生え。    「地震体験車11.」

 

地震を体得して行く。  「地震体験車12.」

 

『体得』。 ?

  揺れ始めたら、気分が悪くなって。

  この時、備える......は.......もう遅い。

                 「地震体験車13.」

 

『体得』。 ?

  電気ストーブの上に何か、干して....

      ブレーカーは、自動遮断には..........

                                                  「地震体験車14.」

 

本箱、たんす。食器棚。固定しておかないと。

ガラスには、飛散防止フィルムが、貼って.........。

                   「地震体験車15.」

 

家族は? 子どもたちは ?  考えるも.........

  2分間の揺れを、30分くらいに、体感しました。

                  「地震体験車16.」

「お父さんの羽子板。」

『入舟男組』の、お父さんたちが

          やってきた。  「お父さんの羽子板1.」

 

どんなふうに、拵(こしら)えて、

  いるのかと、いいますと。  「お父さんの羽子板2.」

 

まあ、こんなふうに、拵えて、いると。

            「お父さんの羽子板3.」

 

お父さん。上手だな。  「お父さんの羽子板4.」

 

研究新。探究心。湧きあがり。  「お父さんの羽子板5.」

 

心に、残る、偉大なる『父』の、面影。 「お父さんの羽子板6.」

 

『こんなふうで。いいのかな。』。

   『うん。上手だよ。』  「お父さんの羽子板7.」

 

さあ。ぼくらの出番だ。  「お父さんの羽子板8.」

 

ここは、どうしよう。  「お父さんの羽子板9.」

 

まとまってきましたね。  「お父さんの羽子板10.」

 

達成感。うれしさ。  「お父さんの羽子板11.」

 

『はずかしっ。』   「お父さんの羽子板12.」

 

 これからが、本番だね。  「お父さんの羽子板13.」

 

おしるこ。も、本物ですよ。 「お父さんの羽子板14.」

 

甘さ、プラス、コクのある、お味。

 さあ、召し上がれ。 「お父さんの羽子板14.」

 

元気100倍。  「お父さんの羽子板15.」

 

親子のキャッチ・ボール。  「お父さんの羽子板16.」

 

 お父さん。      ありがとう。

                  「お父さんの羽子板17.」

 

また、遊んでね。    大好きな、お父さん。

                  「お父さんの羽子板18.」

 

 

月別アーカイブ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

その他